江口のりこ性格悪そうでムカつく?塩対応な態度なのになぜ人気?

江口のりこ性格悪そうでムカつく?塩対応な態度なのになぜ人気?

Pocket

江口のりこさんと言えば脇役から主役まで、色々な役をこなす演技派女優として注目を集めています。

連続ドラマの主演もつとめて大活躍中の江口のりこさんですが、しゃべり方が偉そう、性格悪そうでムカつくといったコメントを見かけます。

テレビでの露出も増えて塩対応な態度が気になる人も増えているようですが、そんなネガティブな意見もある中なぜ人気があるのでしょうか?

この記事では、江口のりこさんが性格悪そうでムカつく理由や、塩対応な態度なのになぜ人気があるのか調査した結果をご紹介します!

 


江口のりこ性格悪そうでムカつく?

江口のりこさんのちょっと変わった経歴の持ち主で、中学卒業後はバイトを始め、19歳で上京して女優の道に進みました。

これまで多くのドラマでキャリアウーマンを演じているイメージがあるので、高校進学せず働き始める選択をされていたのは意外ですよね。

そんな江口さんの性格が悪そうと言う意見を多く見かけるようになったのは、2020年放送のドラマ『半沢直樹』で国土交通大臣・白井を演じたタイミングです。

このときに演じた白井の役柄は、元キー局アナウンサーという肩書きを持つクールで嫌みったらしい国土交通大臣。

ドラマ自体も注目を集めていましたが、江口のりこさんのパロディも入れた個性的な演技に注目が集まっていました。

注目度が上がればネガティブな意見が出るのは仕方がないのですが、江口のりこさんが性格が悪そう、とかムカつくと言われるのはドラマの影響も大きいようです。

このほかにもドラマの番宣で出演したときの対応にあれっ?と感じる人が多かったようです。

 

江口のりこの番宣対応がムカつく?

ドラマ『SUPER RICH(スーパーリッチ)』の番宣で朝の情報番組に出演した際の江口さんの態度がネットでも話題になりました。

ドラマの他の共演者が愛想よく対応する一方、江口さんは愛想をふりまくわけでもなく、ぶっきらぼうな対応。

表情もころころと変わるタイプではなく、あまり顔に感情が出ないタイプなので何を考えているのか分かりづらいですよね。

そんなあまりにも飾らない態度の江口さんを見て誤解してしまう人が多い様子。

演技が上手いのはこれまでの出演作から十分に感じている人が多いので、少しもったいない気がしますね。

 

江口のりこさんの態度を見た視聴者の意見

 


江口のりこ性格悪そうで塩対応な態度なのになぜ人気?

ドラマの番宣を見た視聴者から批判的な意見もある中、素っ気なさ全開の塩対応が江口さんらしくていい!という意見も多く見られます。

兵庫県出身の江口のりこさんはテレビ番組に出演される際は標準語ではなく関西弁で話されます。

関西弁って普通に受け答えしていてもぶっきらぼうに聞こえてしまいますよね。

表情も分かりづらく愛想をふりまかない江口さんなので余計に素っ気なく感じてしまうのですが、今に始まったことではありません。

演技をしていない自然体の江口さんということで、ほかの共演者とのギャップを好意的に見る視聴者も多いですね。

番宣のためのテレビ出演はこの塩対応の面白さを狙っていたのかもしれませんね。

 


江口のりこの塩対応に好意的な意見

江口さんは初めての番宣ということもあり緊張されていたのかもしれませんね。

ドラマの撮影とは違って生放送だと思わぬ失敗もありそうなので、素の江口さんが見れて良かったという意見が多く見られます。

江口さんの飾らない感じがハマる人にはハマるんですよね。

>>スーパーリッチ江口のりこは代役だった?気になる真相を見る

 


まとめ

この記事では江口のりこさんの性格悪そうでムカつくという意見が出ているのはなぜなのか?

ドラマの番宣で見せた塩対応な態度がすごかったけどなぜ人気なのかご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

私は飄々としていて素っ気ない態度の江口のりこさんが面白くてつい見てしまうのですが、性格悪そうでムカつく?と思う人がいるだろうなとは感じていました。

塩対応の中で見せる笑顔が江口のりこさん。

そんな彼女を見ていると演技力だけでなく、なぜ人気なのか分かる気がしました。

江口のりこさんの一癖も二癖もある魅力ある演技を見れるのが楽しみですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。