伊藤沙莉声がかわいい!ハスキーで声低いのは子役時代から?

伊藤沙莉声がかわいい!ハスキーで声低いのは子役時代から?

Pocket

演技が上手い実力は女優として活躍の場を広げている伊藤沙莉さん。

子役時代から活躍している伊藤沙莉さんですが、最近ではその声が特徴的でかわいい!と声優としても注目を浴びています。

かわいいルックスから想像する声とはちょっと違う、ハスキーボイスにハマっている人もいるのではないでしょうか?

女優としても声優としても活躍する伊藤沙莉さんですが、声低いのは酒焼けが原因では?との声も上がっています。

この記事では伊藤沙莉さんのかわいい声を活かした活躍や、ハスキーで声低いのは子役時代からではなく、本当に酒焼けが原因なのか調査した結果をご紹介していきます。

どうぞ最後までご覧ください!

 


伊藤沙莉の声がかわいい!

伊藤沙莉さんの声ってちょっとかすれたハスキーな感じが特徴的ですよね。

親しみやすくかわいい雰囲気と少し低いハスキーボイスのギャップにハマる人が急増しています。

かわいい女優さんやタレントさんのアニメ声ってあまり意外性がないのですが、容姿から想像しない低めなハスキーな声が聞けるとそれだけで気になる存在になってしまいませんか?

演技力の高さだけでなく唯一無二の声という武器を持っているけれど、実は声にコンプレックスがあったようです。

自分の声をいらないとまで思っていた伊藤沙莉さんですが、女優だけでなく声優や歌の仕事にチャレンジする中で、あの魅力的なハスキーボイスを肯定できるようになったそうです。

伊藤沙莉さんご本人も声に対するコンプレックスがなくなって、どんどん活躍されるのは嬉しいですよね。

 

伊藤沙莉は声優としても活躍

伊藤沙莉さんは特徴的な声を武器にしてどんどん活躍されていて、声優としてもさまざまな作品に引っ張りだこ!どんどん活躍の場が広がっています。

有名なアニメ映画の吹き替えも担当していて見たことがある人も多いのではないでしょうか?

これまでに声優として出演した作品をご紹介します。

 

『ペット2』:デイジー役

伊藤沙莉さんが声優初挑戦で演じたのが、キュートなシーズーのデイジーです。

デイジーのかわいさと内面のカッコよさがハスキーな声にマッチしていてクセになります。

伊藤沙莉さん自身もファンだった作品に声優として参加して夢がかなった思い入れのある作品です。

 

『映像研には手を出すな!』:浅草みどり役

2020年放送のテレビアニメ『映像研には手を出すな!』では主人公の浅草みどりを演じました。

キャラとマッチした伊藤沙莉さんの声や演技が好評な作品です。

登場人物の独特のセリフ回しやオタク特有の行動、宮崎駿監督作品のオマージュなど小ネタも満載でアニメ自体のクオリティの高さが話題になっていました。

 

『小さなバイキング ビッケ』:ビッケ役

2020年公開の映画『小さなバイキング ビッケ』でも主役のビッケを演じました。

このCGアニメで伊藤沙莉さんがやってみたかったという男の子の役に挑戦されています。

ちなみにビッケは大人気漫画ワンピースのモチーフにもなった児童文学が原作の物語だそうですよ。

 

『映画 えんとつ町のプぺル』:アントニオ役

2020年に公開された西野亮廣さんの絵本が原作の『映画 えんとつ町のプペル』にアントニオ役で出演されました。

アントニオは芦田愛菜さん演じる少年ルビッチの元友達という重要な役どころ。

かつて夢を諦めてしまったアントニオは、夢を諦めずに追い続けるルビッチを羨ましく、気に入らない存在に感じています。

そんなアントニオですが、物語終盤でルビッチを助け、叫んだセリフにはグッとくるものがあります。

「星が見つかったらあの日諦めた自分がバカみたいじゃないか!畜生!」

伊藤沙莉さんの声だからこそ、こんなにも心に響くんでしょうね。

 


伊藤沙莉かわいいハスキーで声低いのは子役時代から?

伊藤沙莉さんのかわいい容姿と低いハスキー声に注目が集まっていますが、やはり気になるのは特徴なハスキーボイス。

想像するよりも低い声に酒焼けでは?と疑惑が浮上しています。

どうしてもハスキー声で、いい意味で野太い声だとお酒の飲みすぎでガラガラ声になったのかな?と思われちゃうんですよね。

そんな伊藤沙莉さんですが、低いハスキーな声は酒焼けが原因ではないんです。

9歳から子役として芸能活動を始めていて、2021年で芸歴18年目の超ベテラン。

実は子役時代からハスキーな声をしてるんです。

そんな子役時代の伊藤沙莉さんをみてみましょう!

 

伊藤沙莉の子役時代のハスキーボイスを検証

伊藤沙莉さんは9歳で演技未経験ながらオーディションを勝ち抜き、2003年にドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』で芸能界デビューしました。

いきなり身体が少女に若返ってしまった女性研究員という難しい役どころを見事に演じ、話題を集めました。

2005年にはドラマ『女王の教室』に出演し、いじめっ子の田中桃を演じました。

このドラマでも演技力が高く評価された伊藤沙莉さんですが、子役時代のインタビューを受けた際の動画を見つけました。

子供の頃からハスキーな声なのがよく分かりますね!

 


伊藤沙莉の声が低くなった原因はタバスコ?

テレビ番組の中で伊藤沙莉さんが明かした驚きの食生活が判明しました。

なんと冷蔵庫に絶対入ってる物として即答したのは「タバスコ」。

タバスコが好きすぎて「タバスコファウンテン」を用意してもらって大喜びするなんてかなり変わっています!

さらに調味料は充実しているようで「柚子胡椒」など辛いものがとにかく好きなんだそうです。

実家には辛いものがたくさん常備されていて、幼いころから韓国料理など辛いものを食べていたんだとか…。

長年刺激の強い辛いものを食べていたらのども傷めちゃいますよね。

伊藤沙莉さんの声が低くてハスキーなのは子供の頃からの食生活の影響が大きそうです。

 


まとめ

伊藤沙莉さんの声がかわいいと言われる理由や、特徴的なハスキーボイスが子役時代からなのか、酒焼けのせいなのかご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

こんなにかわいいのに声低いと酒焼けが原因?なんて言われてしまうのはお約束なんでしょうか…。

とは言え、子役時代の映像も見て、気になっていたハスキーな声の原因がわかってすっきりしました。

女優、声優、そして歌手と活動の幅を広げている伊藤沙莉さんの今後の活躍が楽しみですね!

この記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。