亀岡花火大会2022駐車場の場所は?穴場や交通規制情報も紹介

亀岡花火大会2022駐車場の場所は?穴場や交通規制情報も紹介


3年ぶりに亀岡花火大会2022の開催が決まり、指定席のチケットも販売されています。

京都府の花火大会の中でだんとつ賑わう亀岡花火大会。

駐車場はすぐに埋まってしまうので、場所を把握しておきたいですよね。

チケットを買えば指定席で見ることができますが、ただで見たい方におすすめの穴場スポットもあります!

また、当日は交通規制があるので事前にチェックが必要です。

この記事では、亀岡花火大会2022の駐車場の場所や穴場、交通規制情報ををご紹介します。

 


亀岡花火大会2022駐車場の場所はどこ?

亀岡花火大会は「亀岡平和祭保津川市民花火大会」という名称で、京都で唯一日本煙火芸術協会の特選玉が打ちあがる花火大会です。

亀岡氏のマスコットキャラクター明智かめまるをモチーフにした、大会オリジナルの「かめまる花火」も楽しめます。

  • 開催日時:2022年8月11日(木) 19:30~ 点火
  • 会場:保津橋上流右岸(亀岡市保津町)

亀岡花火大会では、公式で案内されている駐車場はありません。

交通規制もあるので、公共交通機関で行くことが推奨されています。

交通規制情報を事前にチェックしておきましょう。

亀岡花火大会2022開催場所

引用元:https://kameoka-hanabi.jp/contents/guide.html

亀岡花火大会の観覧会場である大堰川緑地東公園までは、JR亀岡駅から徒歩約20分。

保津橋橋上観覧席で見る場合は、JR亀岡駅より徒歩15分となります。

駅から会場までは一本道になっているので、迷わずたどり着けますよ。

また、JR亀岡駅まではJR京都駅から快速を利用して、乗り換え不要で30分もかからずに行くことができます。

バスを利用される方は、亀岡市内を運行するすべてのバスは午後2時以降運休となりますので、注意してください。

それでもどうしても車でアクセスしたい、という方向けに格安の民間駐車場を紹介します。

 


亀岡花火大会2022駐車場の穴場や交通規制情報も紹介

亀岡花火大会では、公式で案内されている駐車場がありません。

公共交通機関の利用が推奨されていますが、車で移動される方は駅周辺の有料駐車場に止める必要があります。

予約できる駐車場もあるので事前にチェックしておきましょう。

駅周辺にある民間駐車場は次の通りです。

 

ブーブーパーキングJR亀岡駅前第3コインパーキング

亀岡駅南口のすぐ近くにある駐車場です。

  • 住所:京都府亀岡市追分町谷筋15‐2
  • 電話番号:075-823-0001
  • 料金:当日最大700円

駅周辺の民間駐車場の中では一番格安な駐車場となります。

予約ができず、当日はすぐ満車になるので朝から停めておくほうが良いでしょう。

 

ユアー・パーキング京都府亀岡駅前第1駐車場

亀岡駅南口にある駐車場です。

予約ができる駐車場では、亀岡駅から一番近い場所にあります。

  • 住所:京都府亀岡市追分町馬場通8-2
  • 予約方法:WEB予約
  • 料金:700円~/日(日によって料金が変動します。)

駐車場を予約しておくことで、探す手間が省けスムーズに会場まで行くことができます。

すぐに埋まってしまうので、早めに予約しておきましょう。

ただ、バックで駐車しなければならないので、車体の大きい車は注意が必要です。

WEBで予約する

 


サガンスタジアム東口横月極駐車場

登録住所は駐車場の位置ではありませんので、掲載写真やマップ上のピンの位置をご確認ください。

  • 予約方法:WEB予約
  • 料金:1000円~/日

こちらも予約可能で、会場には10分程度で行くことができます。

大型車も駐車可能です。

WEBで予約する

 

イオン亀岡店

  • 住所:京都府亀岡市古世町西内坪101
  • 料金:2時間無料 以降100円/60分、最大500円

イオン亀岡店の駐車場は会場に近く、料金も2時間無料となっています。

また、当日は屋上の駐車場に机や椅子が設置され、そこでも花火を見ることができるようになります。

早めに行って、花火を待っている間に買い物などで時間をつぶすと良いでしょう。

車でアクセスする方は、早めに到着しておくか、事前に駐車場を予約しておくのがベスト。

また、当日の時間帯により交通規制が入るエリアが異なるため、事前にご確認ください。

亀岡花火大会2022規制情報

引用元:https://kameoka-hanabi.jp/contents/guide.html

 


亀岡花火大会2022観覧穴場スポット

亀岡花火大会は指定席を買えば観覧場所を探す必要はありませんが、無料で花火を楽しみたい方におすすめの穴場スポットを紹介します。

2022年の花火大会から有料の観覧エリアが新設となり、亀岡駅北口すぐの広場(かめきたサンガ広場)が追加されました。

有料の観覧エリアになったため、当日ここで立ち止まって花火を見ていると警備員さんに移動を促されるかもしれません…。

無料の観覧エリアで見るのもいいですが混雑を避けて次にご紹介する穴場スポットの利用もおススメです。

 

保津児童館付近

この辺は周囲に花火を遮るものがないので、花火がきれいに見えます。

会場からは少し離れていますが、人があまりこないので静かに楽しみたい方におすすめです。

 


観覧会場から反対側の土手

会場の対岸にある土手は、広い河川敷があるので大きく混雑することはなく、ゆっくり花火を観覧できる場所です。

ここで観覧する際はレジャーシートなどを持っていくと便利です。

 


まとめ

2022年に3年ぶりに開催される亀岡花火大会の駐車場の場所や穴場、交通規制情報を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

当日はかなり混雑することが見込まれます。

花火を見逃してしまうことがないように、観覧場所や穴場スポットには早めに到着しておきましょう。

花火会場周辺には屋台が出店しているので、花火を待っている間に屋台グルメを楽しむのもいいですよね!

駐車場に関しても、交通規制があり亀岡花火大会終了後は大変渋滞するため、電車かバスを利用するのが無難でしょう。

亀岡花火大会2022では、フィナーレに超特大スターマインが打ちあがります。

他の花火大会では見られない迫力を味わうことができるので、最後まで楽しんでくださいね!