川口春奈は演技下手?上手い?出演作品から演技力を検証

川口春奈の泣く演技がうまい下手すぎると言われる理由も徹底調査の画像

10月から始まったsilentで主演を務めている川口春奈さんの泣く演技がうまい、と注目されています。

「なんでこんなに泣く演技がうまいの?」「柚が泣くシーンにもらい泣きした」などドラマを観た視聴者からは川口春奈さんの泣く演技に驚きや感動の声が絶えません。

ただ、上手いと言われている反面、演技下手では?という意見も出演作品によって聞こえてきます。

実は川口春奈さんは2009年のデビュー当時から演技下手と言われているようで、様々な意見がありました。

今回はデビューしてから色々な役を演じてきた川口春奈さんは演技下手なのか、それとも上手いのか出演作品からその演技力を検証していきます!

 

川口春奈は演技下手?上手い?

今注目のドラマ『silent』に出演している川口春奈さんですが、その演技力について下手?上手い?と言った意見が多く出ていますね。

毎回泣けるドラマですが、川口春奈さんも泣く演技がうまいので惹きこまれてしまいますよね。

果たして泣く演技だけでなく、演技が下手なのかどうか、Twitterの意見なども合わせてご紹介していきます。

ドラマ好きな方は演技力にも注目するのでなかなか厳しい意見もあるようです。

確かに周りがうまくても一人演技が下手な人がいたら台無しになるので、観る方も辛口になるのかもしれません。

Twitterの意見はほとんど「川口春奈さんの泣く演技はうまい」 という意見で溢れていました。

川口春奈さんの泣く演技につられてもらい泣きした、感情移入してしまうというのは演技がうまくないと出てこない意見ですよね。

手話で会話する時の表情や仕草がとても自然で、ちょっと意志の疎通がうまくいかない時のとまどいなども違和感なく演じていると感じました。

さらにドラマsilentでは泣き方を変えているのがすごいと言われています。

  • 目黒蓮さんの「若年発症型両側性感音難聴」を知りしゃくりあげながら立ち去る
  • 鈴鹿央士さんと温かさにふれて肩を震わせながら涙をこぼす
  • 藤間爽子さんのセリフに目に涙をためる
  • 別れた本当の理由を知った時、目元をぬぐったり鼻をすすったりしながら涙を抑えきれない

これだけでもなく演技の上手さが伝わるのではないでしょうか。

かなり前に泣く演技で目薬を使うのはデフォだとバラしてしまった俳優さんがいましたが、川口春奈さんは目薬を使っている様子は無さそうです。

 

川口春奈は演技下手なのか出演作品から演技力を検証

川口春奈さんは泣く演技がうまいけど下手すぎると言われる理由も徹底調査しました。

デビュー当時から色々な作品に出ているので注目されている分、辛辣な意見もありそうですよね。

特に大河ドラマの出演は相当なプレッシャーだったのではないでしょうか。

うまい・下手の理由を出演作品と一緒にご紹介していきます。

 

川口春奈の演技が下手な理由

まずは川口春奈さんの演技が下手と言われている作品と、その理由についてご紹介していきます。

 

麒麟が来る:帰蝶(濃姫)

『麒麟が来る』で主人公の光秀と幼馴染で婚姻関係にある帰蝶(濃姫)を演じました。

沢尻エリカさんの代役で準備期間が短かったこともあり「演技が固い、表情が無い」と酷評を浴びてしまいました。

 

イノセンス冤罪弁護士:和倉楓

『イノセンス』では弁護士の和倉楓を演じました。

お堅い職業で内容もかしこまっていた雰囲気のドラマだったためか「役に合っていないから演技が下手に見える」と言われていました。

夫のカノジョ:山岸星見

『夫のカノジョ』では川口春奈さんが主演で、共演者も鈴木砂羽さんや田辺誠一さん、鈴木福くんなど豪華なドラマでした。

ストーリーが面白いと言う声も上がっていましたが「民法プライム連ドラ史上最悪の視聴率」を叩き出してしまい打ち切りになってしまいました。

川口春奈さんのせいではないと言われていますが演技が下手説に拍車をかけたようです。

厳しい意見が続いてしまいましたが、真面目なお堅い役を演じるにはまだ経験不足だったのかもしれません。

 

川口春奈の演技がうまい理由

次は川口春奈さんの演技がうまいと言われる作品とその理由をご紹介していきます。

 

一週間フレンズ:藤宮香織

1週間で友達を忘れてしまう女子高生を演じ、可愛いけど切ない恋模様が高評価でした。

明るい女子高生という役は似合ってると言われていました。

 

金田一少年の事件簿neo :七瀬美雪

『金田一少年の事件簿neo』ではヒロインの七瀬美幸を演じました。

川口春奈さんの代表作といってもいいというくらいの人気作品で、山田涼介さんとのコミカルな演技が良かったと言われています。

 

着飾る恋には理由があって:真柴くるみ

『着飾る恋には理由があって』 で演じた真柴くるみは、川口春奈さんにとても合っている役だと好評で称賛されています。

実は川口春奈さんは過去の出演作は30作品以上で、若い女優さんにしてはキャリアがある部類に入るんです。

下手だと言われた作品は「荷が重かったのではないか」「役に合っていない」「棒読み」などと言う意見が多く出ていましたが、逆に合っている役だと演技が上手くみえるという事です。

実際、一週間フレンズや金田一少年の事件簿などは概ね好評で「演技が下手」という意見は、ほぼありませんでした。

それらを考えると演技は決して下手ではないものの、役によって左右されがちなんだと考えられます。

 

まとめ

この記事では川口春奈さんは演技下手なのか上手いのか、出演作品から演技力を検証してきましたがいかがでしたでしょうか。

ドラマでは視聴者を泣かせるほど泣く演技がうまいと絶賛されている川口春奈さんですが、過去の作品では演技下手すぎという意見もありました。

女優となれば演技への評価があるのは仕方のないことで、特に泣きたくないのに泣くのは難しい演技で、それでも視聴者から上手いと絶賛される演技力はすごいですよね。

川口春奈さんの泣く演技につられて泣く人もいるのはそれだけ演技力が上がってきている証拠ではないでしょうか。

個人的には過去の出演作品の金田一少年の七瀬美雪が楽しそうに演じていて可愛かったなと思いました。

まだまだ若い女優さんで演じていない役もたくさんあるので、今後どんな役を演じるのか楽しみにしたいですね。