ジュラシックパークとロストワールドのサラは別人?イライラする理由を解説

ジュラシックパークとロストワールドのサラは別人?イライラする理由を解説

Pocket

映画「ロストワールド/ジュラシックパーク」で何かと話題になるヒロインのサラ。

1作目の「ジュラシックパーク」の時と印象が違いすぎては別人では?と気になっている人も多いようです。

ヒロインに対して多少の嫉妬(?)はあるのかもしれない、、、でもこんなにもイライラする理由とは何なのでしょうか?

ロストワールドに登場するサラはジュラシックパークのヒロインとは別人なのか調査した結果をご紹介します。

また、私たちがなぜサラにイライラするのかについても理由を解説していきます。

 


ジュラシックパークとロストワールドのサラは別人?

ジュラシックパークもロストワールドも主人公に恋人がいるという共通点から、同じ役柄で2作目が作られていると思う方がいるようです。

実はジュラシックパークとロストワールドでは主人公が異なります。

ジュラシックパークの続編ということ、そして前作に引き続きイアン・マルコム博士が出演していることもあり、ヒロインは同じはずなのに恋人役が別の人になっている?と気になっているのではないでしょうか。

結論ですが「ジュラシックパークとロストワールドのヒロインは別人」です。

それぞれ別の役柄を別の女優さんが演じています。

 

ジュラシックパークとロストワールドのヒロインの違い

サイトAと呼ばれる「ジュラシックパーク」を舞台に物語が進む1作目と、サイトBと呼ばれると「イスラ・ソルナ島」を舞台とする2作目の「ロストワールド」。

それぞれの作品でヒロインは別のはずなのに間違われているのは、ヒロインの名前が少し似ているからかもしれません。

ジュラシックパークとロストワールドのヒロインの違いを見ていきましょう。

 

ジュラシックパークのヒロイン

ジュラシックパークのヒロインは「エリー・サトラー」です。

古植物博士で、アラン・グラントの恋人です。

アランとともに恐竜の化石発掘を行っており、ジュラシックパークの構想には、管理の難しさや危険性の面から否定的な見解を述べていました。

 

ロストワールドのヒロイン

ロストワールドのヒロインは「サラ・ハーディング」です。

古生物学者イアン・マルコムの恋人です。

化石相手の調査にうんざりしていたところに、サイトBの恐竜調査の依頼を受け、喜んで参加を決めています。

エリー・サトラーとは恐竜調査に対する考え方も大きく異なりそうですね。

 


ジュラシックパークとロストワールドのサラにイライラする理由を解説

ロストワールドのヒロイン・サラがジュラシックパークのヒロインとは別人であることが分かりました。

サラが別人?と気になる方の中には、サラにイライラするという意見も多いようです。

サラが古生物学者という立場にありながら、見ている人があれ?っと思うような行動を取っていることが大きく影響しています。

  • マルコムから恐竜の恐ろしさを聞いていたにもかかわらず、ステゴサウルスの頭に触れる
  • 安易にカメラ撮影して刺激を与えてしまい、ステゴサウルスに襲われる
  • マルコムから島を出るように説得されるが、耳を貸さない

また、恐竜愛護主義であるためか人名よりも恐竜を優先した行動で、結果として仲間の命が奪われているのが一番イライラするポイントになっていますね。

サラの行動が嫌いという意見について調査した結果は下記リンクからどうぞ。

>>サラにイライラする理由を詳しく調査した結果はこちら

 


まとめ

この記事では、ジュラシックパークとロストワールドのサラは別人なのか、調査した結果をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ヒロインのサラにイライラするのは何故なのかも、その理由に納得でしたね。

シリーズ2作目となる「ロストワールド/ジュラシックパーク」のヒロインが別人なのか気になる人が多いのは、あまりにもサラの行動がイライラするからなんですね。

とはいえ、ロストワールドも素晴らしい作品。色々な見方で楽しんで鑑賞したいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。