大倉忠義の結婚観がヤバい?結婚願望があるのかも調査

大倉忠義の結婚観がヤバい?結婚願望があるのかも調査

Pocket

関ジャニ∞の大倉忠義さんと広瀬アリスさんが交際半年との報道が入ってきました。

交際半年で結婚も珍しくない中、二人はどの方向に進むのか気になりますよね。

しかも緊急事態宣言下の箱根旅行の匂わせもあって色々と批判もされているますね。

そんな渦中の二人ですが、大倉忠義さんと言えば結婚観がヤバいとのウワサもあり、結婚願望があるのかも気になるところです。

この記事では、関ジャニ∞大倉忠義さんの結婚観がヤバいウワサの真相や、結婚願望があるのかもご紹介します。

 


大倉忠義の結婚観がヤバい?

大倉忠義さんの結婚観がヤバいというウワサは過去のバラエティ番組での発言がもとになっています。

今から約2年前、関西テレビの番組『関ジャニ∞のジャニ勉』で驚きの結婚観を明かして、視聴者からヤバいとドン引きされているんです。

そのヤバい結婚観はこちら。

「子どもは欲しいけど、お金を取られたくない」

「離婚したら、金銭が発生するじゃないですか」

いきなり離婚を前提にした発言を連発したため、「彼氏が話してたらドン引きする」「警戒する気持ちは分かる」などと、賛否両論が上がったようです。

思っててもテレビで口にするとはなかなかの強者ですよね。

現在もこの考えが変わっていないかは定かではありませんが、熱愛報道があると今もそうなの?と気になってしまいますね。

 

大倉忠義は性格が悪いって本当?

SNS上でよく見かけるのが大倉忠義さんが性格が悪いというコメント。

本当に性格が悪かったらこんなにファンがいないような気もしますが、果たして本当に性格が悪いのか調査してみました。

性格が悪いと言われるウワサの出どころはバラエティ番組『関ジャニ∞クロニクル』の影響が大きそうです。

関ジャニ∞のメンバーが遊び心を前面に押し出して、メンバーの人間的な魅力を伝えていくことをコンセプトにした番組なので、大倉忠義さんもかなり素が出ているように感じます。

あまりにも素を出し過ぎて番組中に舌打ちしたり、メンバーと喧嘩したりと自由な感じですね。

番組内でも性格が悪い位置づけでテロップを出したりしているので、特に性格の良し悪しについては大倉忠義さん的にも事務所的にも気にしていないようです。

もちろんファンもこのことは分かった上で大倉忠義さんを応援されていて微笑ましいですよね。

関ジャニ∞のノリだから許されるやり取りなんでしょう。

本当に性格が悪かったらここまでの人気を維持するなんて難しいことなので、大倉忠義さんは裏表のない性格なんじゃないかなと感じます。

 


大倉忠義は結婚願望があるのかも調査

大倉忠義さんと広瀬アリスさん交際のきっかけとなったドラマ『知ってるワイフ』のインタビューでご自身の結婚感や結婚願望について語っています。

そこでは”結婚して子どもがほしい”という願望はあると語っているのですが、それはイコール”結婚したい”にはつながっていないようなんです。

”現実的に考えると結婚することは考えられない”といったのことも語られており、結婚願望はなく、事実婚という形を希望しているのかもしれませんね。

 

大倉忠義と熱愛報道!広瀬アリスの結婚観や結婚願望は?

大倉忠義さんに結婚願望がないことがわかりましたが、お相手の広瀬アリスさんはどうなのか調べてみました。

なんと広瀬アリスさんは2021年1月放送の番組『TOKIOカケル』の中で、自称”恋愛不適合者”ということでお話をされていたようです。

「まったくない。人と暮らせないですね…」「1人でお湯割りを飲みながら映画を見るのが幸せ」と語る広瀬アリスさんなので結婚願望は強くなさそうですね。

「キスシーンは作業」と語る広瀬アリスさんと大倉忠義さんは程よい距離感でお付き合いされているのかもしれません。

とは言え、結婚願望はないと公表する女優さんがあっさりと結婚していくのはよくある話。

もしかすると広瀬アリスさんの結婚観も変わっているかもしれませんが、大倉忠義さんの結婚観もかなりヤバいのでどうなるんでしょうか。

特に女性はお子さんができたりすると考えが変わりそうですが、それはまだこれからの話ですね。

気になる二人の今後が追っていきたいと思います!

 


まとめ

この記事では、関ジャニ∞大倉忠義の結婚観がヤバい?

結婚願望があるのかもご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

大倉忠義さんと広瀬アリスさんの交際報道は続報が気になるところですが、二人の結婚観が合うといいですよね。

結婚願望があるのとないのでは今後のお付き合いにもかなり影響しますよね。

素敵な二人の将来を見守りたいと思います!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。