すとぷり人気落ちた理由はなぜ?メンバーの人気格差も調査

すとぷり人気落ちた理由はなぜ?メンバーの人気格差も調査

女子小中学生や女子高生から人気を集めるすとぷりですが、彼らの人気が落ちたという噂が流れているようです。

人気が落ちたといわれる理由はなぜなのか、メンバーの人気格差も気になりませんか?

8月に久しぶりの対面ライブが大盛況のうちに幕を閉じ、2023年にもライブを控えています。

またチケットの抽選もかなり倍率が高く、落選してしまったという涙のコメントも多く見かけます。

それなのに人気が落ちたとささやかれるのは不思議ですよね。

なぜすとぷりの人気が落ちたといわれるのか、その理由をメンバーの人気格差もあわせて調査しました。

 

すとぷり人気落ちた理由はなぜ?

すとぷりは、6人組のエンタメユニットです。

しかし現在はリーダーのななもり。さんが活動休止中のため、5人で活動しています。

2022年8月のライブもななもり。さんの出演はなかったようです。

すとぷりの人気が落ちたと言われる原因はここにあるのでしょうか。

 

ななもり。の不祥事

2022年3月、すとぷりのリーダーななもり。さんに婚約者がいることとその女性の間に子供が1人いることが発覚します。

さらに当時、婚約者は第2子を妊娠中でした。

それだけでもファンはショックですよね。

さらに、その婚約者が暴露系YouTuberの生配信に通話という形で登場します。

その内容は、婚約者と子供がいるななもり。さんが別の女性とも交際していると言うものでした。

婚約者や子供の存在を明かしていなかっただけではなく、別の女性とも交際し二股だったとなればファンはさらにショックが大きいですよね。

婚約者はなぜそんな暴露をしたのでしょうか。

それは婚約者に二股がバレたと気づいたななもり。さんは逃走し婚約者からの連絡を拒絶、弁護士を通して婚約者と和解しようとしたようです。

婚約者の女性も本人と連絡が取れず、弁護士からの連絡のみとなりいろいろ思うところがあったのかもしれません。

この一件に関して、「失望した」や「子供がいてしかも婚約者の妊娠中に何やってんの」と言う声が聞かれました。

しかし「なーくんの言うことしか信じない!」や「あんなのなーくんじゃありません!」と言った擁護の声も聞かれました。

その後ななもり。さんは謝罪文を出し、活動休止とSTPRの代表としての活動は続けると発表しています。

 

閲覧数の水増し疑惑

ななもり。さんの騒動以前、さかのぼること2019年にすとぷりの閲覧数水増し疑惑が浮上します。

それまでツイキャスでダントツの1位を守り続けていた人気YouTuberが5位に転落したのです。

その時期に1位から4位を独占したのは、すとぷりの公式アカウントやメンバーの放送でした。

ここから閲覧数を水増しする方法や、その方法をすとぷりが使ったと騒動になっていきます。

そしてすとぷりファンと1位を奪われた人気YouTuberファンのバトルが始まります。

結局この一件は、すとぷりのメンバーではなく一部のファンによって行われたことが発覚します。

しかしそれだけでは留まらず、水増しの指示をしたのはななもり。さんでは?という疑惑が浮上します。

この一件では

「アンチファンがすとぷりを陥れようとしたのでは」

「1万人規模のライブが行える人気があるのに水増しはリスクが高すぎる」

など、すとぷりの関与はないのではと終息していきました。

水増しは迷惑だからやめて欲しいと、すとぷり側のお願いもあったようで真相は闇の中ですね。

(この時のYouTuberと、ななもり。さんの婚約者が暴露したYouTuberは同じYouTuberでした)

 

その他の炎上

この2つの騒動以外でも、すとぷりは少しずつ炎上しているようです。

調べると3つほど炎上した事件がありました。

 

パクリ疑惑

すとぷりがイラストや楽曲ロゴをパクったという疑惑です。

1つ目は「きょうもハレバレ」という楽曲が、他の歌い手さんのものとカバー動画やイラストが似ていたというものです。

しかしこの楽曲はどちらもカバー曲だったので、似てくるのは自然なことという声が上がりました。

そして本家のオマージュではとの声も上がり、終息していきました。

2つ目は「AquaKiss」という楽曲です。

パクリ疑惑が出た後、この楽曲の動画の作成者はすとぷりに関する発言を削除してすとぷりもこの件には一切触れていません。

動画作成者のTwitterアカウントは削除に近い状態で、逃げたのでは?と噂になったようです。

 

ななもり。の発言

「(すとぷりの)アンチファンが応援しているひとはダラダラゲームしているだけ」と発言して炎上しました。

 

莉犬の発言

「中学生は一番性格が醜いと思う。背伸びをし、その結果悪口を言ったり意地悪をしたりする」(抜粋)と発言し炎上しました。

 

すとぷり人気は落ちたのかメンバーの人気格差も調査

アイドルグループと言えば、推しメンです。

どのメンバーを推すのかによってファンサグッズや好きなカラーが変わりますよね。

推しのカラーを身に着けて気持ちをあげたり、髪まで推しカラーに染めて楽しむなんてこともありませんか。

すとぷりでは誰が人気なのでしょうか。

2022年のSNSの総フォロワー数から、メンバーによって人気の格差を調査しました。

 

1位:ジェル

  • カラー:オレンジ
  • 総フォロワー数:665万人
  • 嫌いなメンバーランキング:4位

すとぷりメンバーの中で最も高身長でイケメンと言われています。

そんな超イケメンの「ジェルボイス」の虜になるファンが続出なんだとか。

グループ以外で活動している「遠いさんシリーズ」が大人気です。

そんな大人気のジェルくんですが、過去には女性関係やペットに対する発言などで炎上した過去があります。

過去に炎上経験があるジェルくんですが、気を遣ったり空気を読みすぎてしまったりと繊細な性格なようです。

すとぷりの中でもエンターテイナーの役割を担うジェルくんが無理をしていないか心配というファンの声も多く聞かれます。

そんなファンの心配が的中し、2022年8月の公演をもって無期限活動休止を発表しています。

今は休憩の時かもしれませんが、早く元気な姿を見せてほしいですね。

 

2位:莉犬

  • カラー:赤
  • 総フォロワー数:508万人
  • 嫌いなメンバーランキング:2位

身長はメンバーの中でも一番小さく、愛犬家から犬耳だということです。

フォロワー数は多いですが、アンチも多いようです。

前述のとおり、中学生への発言で炎上しました。

そして性同一性障害をカミングアウトしています。

これは全く悪いことではないのですが、分かっていても女性と見てしまう他のメンバーのファンからの妬みがあるようです。

しかしこれは莉犬くんが悪いわけではありません。

歌唱力が高く、声優としても活動している莉犬くんの様々な声をぜひ聞いてみてください。

 

3位:ころん

  • カラー:水色
  • 総フォロワー数:437万人
  • 嫌いなメンバーランキング:3位

ゲーム実況者として活動しています。

同じくゲーム実況者として活動しているさとみくんに対し、「ハイテンションゲーム実況」と呼ばれています。

「ブサイクにはフォロバしない」「すとぷりにお金をかけるべき」など、ころんくんは問題発言が多いようです。

女性関係による炎上もあったようですが、これに関しての事実関係はわからないようです。

メンバーの中でも弟属性のころんくんは、さわやかでキレのあるボイスがそのかわいらしい見た目とのギャップで萌えます。

るぅとくん作曲ころんくん作詞の「敗北ヒーロー」に注目が集まっています。

ちょっと心が辛いときに聞くと元気がでるかもしれませんね。

 

4位:さとみ

  • カラー:ピンク
  • 総フォロワー数:413万人
  • 嫌いなメンバーランキング:同率5位

メンバーの中で最年長です。

グループ以外ではゲーム実況者として活動しています。

同じくゲーム実況者のころんくんに対して「ストイックゲーム実況」「解説系ゲーム実況」と呼ばれています。

炎上とは無縁ですが、整形疑惑や人間関係に悩んでいた過去があるようです。

人間関係に悩んだ時期があったので「悩んでいる人に影響を与えられる人になりたい」という思いがあるようです。

最年長ということや、東大出身や声優学校を卒業しているという情報があるのでしっかりしている印象ですね。

「ストイック」と呼ばれる理由がわかる気がします。

 

5位:るぅと

  • カラー:黄色
  • 総フォロワー数:357万人
  • 嫌いなメンバーランキング:同率5位

シンガーソングライターとしても活躍していて、グループの音楽を担当しています。

少年のような幼い声が特徴です。

るぅとくんは問題発言もなく、炎上もあまりないのですが唯一歌ってみた動画での口パク騒動というのがありました。

しかしこれはるぅとくん本人ではなく、無断転載された楽曲にファンが激怒し騒動になりました。

るぅとくん本人が炎上したものではありません。

歌の上手さを評価するファンも多く好感度は高いようです。

 

6位:ななもり。

  • カラー:むらさき
  • 総フォロワー数:345万人
  • 嫌いなメンバーランキング:1位

「好きなメンバーランキング」6位「嫌いなメンバーランキング」1位という不名誉な結果になってしまいました。

前述の二股や、発言による炎上が原因なので自分でまいた種という感じですね。

犯罪歴があるという噂や、もともとは炎上系だったと言うことも影響しているかもしれません。

関西出身なのでトークが面白いこと、高い歌唱力と魅惑のボイスが人気のすとぷりのリーダーです。

現在は活動休止中ですが、復帰はあるのでしょうか。

このまま経営者として裏に回ってしまうのでしょうか。

今後も注目です。

 

すとぷりのアンチコメント

すとぷりのアンチは多くいるようですが、炎上事件の謝罪を求める声が多く聞かれます。

また、すとぷりのメンバーたちと言うよりはすとぷりのファンに対してのアンチコメントも多く見られます。

これには、一部のファンのマナーの悪さに怒っているコメントもありました。

アンチを減らすには、推しを応援する際のマナーも大切にしたいですね。

また、2023年に地上波ですとぷり初の冠番組の放送が決定しています。

現在では、ななもり。さんとジェルくんは活動休止中なので4人での参加となります。

今まですとぷりを知らなかった人の目に留まることも予想されるので、さらにすとぷりの勢いは加速していきそうです。

今後の活躍にさらに期待したいですね。

 

まとめ

すとぷりの人気が落ちた理由はなぜなのか、メンバーの人気格差とともに調査してきました。

確かに炎上などで一時的に人気が落ちたことはあったようです。

そしてなぜ人気が落ちたのか、その理由は1つではありませんでした。

しかしSNSのフォロワー数や閲覧数、2022年に行われたライブチケットの倍率の高さからもすとぷりの人気の高さは確実です。

国民的アイドルと呼ばれる人にもアンチはいますし、ファンが増えればアンチも増えますよね。

さまざまな炎上事件もあったようで、メンバーの人気にも格差があるようです。

しかし人気ランキング1位でも、嫌いなランキングで上位に入ることもあります。

「アンチが多い=嫌われているランキング上位」というわけではありません。

「アンチが多い=注目度が高い」ということもあるようなので、たくさんの人の目に留まっていることは喜んでもいいかもしれませんね。

すとぷりのメンバーがこれからどのような活躍をするかにも注目したいですね。