米津玄師ライブ2022の神戸のチケット倍率がヤバい!購入方法も紹介

米津玄師ライブ2022チケットの倍率がヤバい!購入方法も紹介

米津玄師さんが2年半ぶりのリアルライブとなる「米津玄師 2022 TOUR / 変身」が開催されることが発表されました。

全国5会場10公演を回る2022年の全国ツアーですが、チケットの倍率がヤバいと話題になっています!

今回のライブは応募方法も少し変わっていて、2020年に発売されたアルバム「STRAY SHEEP」を購入された方向けの抽選もあるようです。

一次抽選だけでも会場が埋まってしまいそうですが、一般販売もあるのか購入方法が気になるところですね。

特に神戸公演は収容人数が少ないので競争率は高そうですね。

注目を集める米津玄師さんの2022年開催のライブの神戸のチケット倍率がどれくらいヤバい状態なのか、どうしても行きたいライブのチケット購入方法もご紹介していきます!

 

米津玄師ライブ2022の神戸チケット倍率がヤバい!

米津玄師さん2年半ぶりのライブとあってかなりの盛り上がりを見せています。

ライブツアー決定は嬉しいニュース!なのですが、やはり気になるのはチケットの倍率ですよね。

チケットを最速でゲットするためには、5月18日(水)発売のシングルCD「M八七」に封入されたシリアルナンバーが必要になります。

シリアルナンバーを入手してもあくまでも抽選の権利をゲットしただけ…いったいこの倍率はどれくらいヤバいことになっているのでしょうか。

今回のライブは比較的小さい会場が多く、それぞれの収容人数は以下のとおりです。

  • 東京体育館:10,000人
  • 大阪城ホール:16,000人
  • 神戸ワールド記念ホール:8,000人
  • 日本ガイシホール:10,000人
  • さいたまスーパーアリーナ:30,000人

合計:74,000人

各会場で2日間にわたってライブが行われ、最大で148,000人にライブに参加するチャンスがあります。

4月27日時点では感染防止対策がされていて事前に県の確認が取れている場合は、イベント開催時の収容定員まで使用しても問題ないようです。

大きな声が出せないなどの制限はあるものの、人数制限なしでライブを開催するのではないでしょうか。

ツアー日程の詳細は以下のとおりです。

  • 東京体育館:9月23日(金祝)・24日(土)
  • 大阪城ホール:10月 4日(火)・5日(水)
  • 神戸ワールド記念ホール:10月 8日(土)・9日(日)
  • 日本ガイシホール:10月18日(火)・ 19日(水)
  • さいたまスーパーアリーナ:10月26日(水)・ 27日(木)

合計:74,000人

神戸ワールド記念ホールは最も収容人数が少ない上に土日開催ということもあり、チケット倍率はかなり高くなることが予想されます。

米津玄師さんの地元の徳島での開催がないため、西日本在住のファンは神戸と大阪に集中することは必至です。

さらに土日開催と参戦しやすい日程のため競争率はかなり高いことになりそうです!

気になるチケット倍率をCD販売数から予想していきます。

 

米津玄師ライブ2022チケット1次受付の当選倍率

今回のライブの1次受付は最新シングル「M八七」の初回生産分CDに封入されたシリアルナンバーが必要になります。

前回発売されたシングル「Pale Blue」の初週販売数は15.6万枚でしたが、今回はライブ抽選に参加するために複数枚購入する人も増えると予想されるため40万枚を超える可能性もあります。

また、シリアルナンバー1件につき1公演4枚までチケットの応募ができることから、半数がチケット4枚、残りの半数がチケット2枚で応募すると次の申し込み数になります。

  • チケット4枚の場合:400,000÷2×4=800,000人
  • チケット2枚の場合:400,000÷2×2=400,000人

合計:120万人

今回のライブ抽選は2次受付まで確定しているため、会場の収容人数の半数である74,000人が1次受付の抽選枠である可能性が高いですね。

そのため、1次受付の倍率は1,200,000÷74,000=16.2倍となり、かなりの倍率となることが予想されます!

 

米津玄師ライブ2022チケット2次受付の当選倍率

今回ライブの2次受付として2020年8月5日にリリースされたアルバム「STRAY SHEEP」の初回限定版に入っているシリアルナンバーが使用されることがわかりました。

アルバムの初回限定版の正確な販売数は明らかになっていませんが、初週売上が88万枚を超えたことで話題になっていました。

そこで初回限定版を100万枚と仮定して倍率を計算していきます。

発売から2年近く経っており、シリアルナンバーを紛失してしまった方もいるかもしれません。

70万枚が有効として半数がチケット4枚、残りの半数がチケット2枚で応募すると申し込み数は次のとおりです。

  • チケット4枚の場合:700,000÷2×4=1400,000人
  • チケット2枚の場合:700,000÷2×2=700,000人
  • 合計:210万人

会場の収容人数の半数である74,000人が2次受付の抽選枠であると仮定するとその倍率はかなりヤバい数字になります。

2次受付の倍率は2,100,000÷74,000=28.3倍と1次受付よりも入手困難かもしれません!

ただし、これは1次受付、2次受付で座席が埋まった場合の確率になるので、オフィシャルHPでの先行販売や一般販売があると入手はさらに困難になりそうです。

まずは1次受付に応募するのが良さそうですね。

 

米津玄師ライブ2022チケットの購入方法も紹介

今回のライブチケットを入手するためには、まずシリアルナンバーをゲットして応募する必要があります。

現在明らかになっているチケットの入手方法は1次受付と2次受付の2種類です。

これまでのライブでは、この先行販売のあとにオフィシャルHPでの先行販売、最後に一般販売の流れになっています。

まずはCD購入特典の1次受付、2次受付の抽選に応募することがチケットを購入するための方法になります。

なお、チケットの値段は3種類あり、次のように設定されています。

  • 指定席:8,800円(税込)
  • ファミリー席:8,800円(税込)
  • ファミリー席 子ども(3歳~15歳):6,600円(税込)

 

米津玄師ライブ2022チケット1次受付:「M八七」特典

1次受付は「M八七」CD封入の12桁のシリアルナンバーで応募することができます。

1次受付の応募期間やチケット当落発表、入金期間は次のとおりです。

  • 受付期間:5月17日(火)10:00~5月22日(日)23:59
  • 結果発表:6月 2日 (木)12:00
  • 入金期間:6月 2日 (木)12:00~6月 7日 (火)23:59

 

米津玄師ライブ2022チケット2次受付:「STRAY SHEEP」特典

2次受付はアルバム「STRAY SHEEP」CD封入の12桁のシリアルナンバーで応募することができます。

2次受付の応募期間やチケット当落発表、入金期間は次のとおりです。

  • 受付期間:6月16日(木)10:00~6月22日(水)23:59
  • 結果発表:7月 5日 (火)12:00
  • 入金期間:7月 5日 (火)12:00~7月10日(日)23:59

>>米津玄師ライブ2022チケットのトレードはいつから?

 

まとめ

この記事では、大人気シンガーソングライターの米津玄師さんが2年半ぶりに開催する2022年のライブチケットの倍率がヤバい件についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

応募方法も2年前のアルバム購入者への嬉しいサプライズがあって嬉しいですよね。

抽選回数が増えた!と嬉しい一方で2022年のライブもチケットの倍率はヤバいはずなので、見事チケットを入手するのは至難の業になりそうです。

収容人数が少ない神戸公演ですが、米津玄師さんの姿が見やすい会場のため倍率はかなり高くなるのではないでしょうか。

さらに神戸は土日開催とファミリー参戦も狙う人も多そうです。

米津玄師さんのライブに行きたい方はチケットの応募方法や購入方法をしっかりチェックしていきましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。