愛知県芸術劇場コンサートホールの座席の見え方を紹介!3階でも見やすいのか検証

愛知県芸術劇場コンサートホールの座席の見え方を紹介!3階でも見やすいのか検証
Pocket

愛知県芸術劇場のコンサートホールでは様々なクラシックコンサートが開催されています。

クラシックコンサートがメインだから演奏が聴ければ良いのかというと、それだけではありませんよね。

演奏する方たちの表情や、楽器の演奏の仕方もしっかりと目に焼き付けておきたい方も多いと思います。

座席からのステージの見え方や、3階からも演奏している姿が見やすいのかは気になるところです。

この記事では、愛知県芸術劇場コンサートホールの座席の見え方や、3階席からでも見やすいのかご紹介していきます。

 

愛知県芸術劇場コンサートホールの座席表とキャパは?

愛知県芸術劇場には「大ホール」「コンサートホール」「小ホール」と3つのホールがあります。

今回ご紹介する「コンサートホール」は1階席から3階席まであり、ステージ奥には日本最大級のパイプオルガンも設置されています。

また、国内最高と言われるサントリーホールと同じ残響時間(満席時で2.1秒)なので、最高の状態でコンサートを楽しめることができるんですね。

ちなみに残響時間とは音の響きを測るための尺度のことです。

残響時間とは、空間における音の響き具合を測るための尺度となっているものです。具体的には音源の振動が止まった瞬間から、その音圧が60dB減衰するまでの所要時間を測ります。

引用:https://www.suganami.com/shop/sound/column/so0003

では、実際に愛知県芸術劇場のコンサートホールの座席表を確認してみましょう。

愛知県芸術劇場コンサートホール座席表1・2階

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/pdf/c1_2f.pdf

愛知県芸術劇場コンサートホール座席表3階

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/pdf/c3f.pdf

コンサートホールのキャパは、固定席1,796席、車椅子席4席の総席数1,800席です。

2022年4月10日現在、コロナ対策で収容率が50%程度に設定される場合があり、下記に該当する公演の場合は収容人数が約900席となります。

  • 大声での声援、歓声、唱和等がある公演

コンサートホールではクラシックコンサートがメインで歌手のライブは大ホールで開催されることが多いため、上記には該当せず、現時点では1,800席までであれば利用ができるようです。

では、次に各席からのステージの見え方を確認していきましょう。

 

愛知県芸術劇場コンサートホール1階席の見え方

1階正面席の6列目あたりの見え方はこのようになります。

ステージからはかなり近く、演奏者の表情など細かいところまで見える位置になります。

音も近くて迫力のある席です。

愛知県芸術劇場コンサートホール1階席の見え方(正面)

https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/img/concert-seat/01.jpg

次に1階下手側の席の見え方はこちらです。

先ほどの正面席よりも少し後ろの列から撮影したものになりますが、ステージとの距離はかなり近いですね。

双眼鏡やオペラグラスがなくても演奏者の表情が見える位置です。

愛知県芸術劇場コンサートホール1階席の見え方(下手)

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/img/concert-seat/03.jpg

 

愛知県芸術劇場コンサートホール2階席の見え方

2階席の1桁列はほぼ1階席と同じ距離になるためおススメの座席になります。

さらに前方に遮るものがないため、1階後方席よりもストレスなく演奏が楽しめるのではないでしょうか。

愛知県芸術劇場コンサートホール2階席の見え方(正面)

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/img/concert-seat/05.jpg

また、2階席や3階席にはステージ側面や後方から臨場感ある演奏姿を見ることができるという特権もありますね。

お目当ての演奏家を見たい時はステージ近くの席が取れると嬉しいですよね。

愛知県芸術劇場コンサートホール2階席の見え方(バルコニー席)

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/img/concert-seat/17.jpg

愛知県芸術劇場コンサートホール2階席の見え方(ステージ後方)

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/img/concert-seat/16.jpg

 

愛知県芸術劇場コンサートホール3階席の見え方

3階席ともなるとさすがにステージからの距離を感じ始めます。

演奏者の細かな表情を肉眼で確認するのは難しい距離ですね。

演奏を楽しむ分には何も問題ありませんが、演奏している姿も含めて楽しみたいならば双眼鏡やオペラグラスがあった方が楽しめそうです。

愛知県芸術劇場コンサートホール3階席の見え方(正面)

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/img/concert-seat/30.jpg

なお、3階席でも正面席ではなくバルコニー席からであれば肉眼でも迫力ある演奏が見ることができます。

愛知県芸術劇場コンサートホール3階席の見え方(バルコニー席)

引用:https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/facility/img/concert-seat/22.jpg

 

愛知県芸術劇場コンサートホールの座席は3階でも見やすいのか検証

コンサートホールに実際に人が入った状態で、3階正面からどのように見えるのか確認していきましょう。

実際の見え方がわかっていれば、事前に必要な持ち物も準備しやすいですよね。

こちらが実際に3階から撮影された写真になりますが、ステージからの距離はそこまで感じなくても、表情を読み取るとなるとなかなか難しい状況と言えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BOSS21gata(@boss21gata)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiromi(@hiromi.shanti_shantih)がシェアした投稿

クラシックコンサートであれば照明は十分にあるので見えないことはないでしょうが、歌唱のあるライブなどでは照明による演出もあり、暗くなることも予想されます。

演奏者の顔をしっかり見たいという場合は双眼鏡やオペラグラスは必須になりそうです。

 

愛知県芸術劇場コンサートホールにおすすめの双眼鏡・オペラグラス

愛知県芸術劇場のコンサートホールで演奏を聴くだけでなく、演奏者の表情や細かな演奏テクニックを見たいけど遠い席しか取れなかった…なんてことありますよね。

クラシックコンサートだから双眼鏡やオペラグラスを持参していいのか少し不安になりますよね。

でも大丈夫です!

アーティストのライブじゃないからと双眼鏡やオペラグラスを持って行ってはいけないなんてことはありません。

ちょっと気が引けてしまう方にもおススメなコンパクトな双眼鏡やオペラグラスがあるんです。

愛知県芸術劇場のコンサートホールの会場規模にあった双眼鏡やオペラグラスなのでぜひチェックしてみてくださいね。


 

まとめ

この記事では、愛知県芸術劇場のコンサートホールの各座席からの見え方や、3階でも見やすいのかについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

素敵なクラシック音楽を聴くだけでなく、演奏されている方々の表情や楽器の素晴らしさも見て楽しみたいですよね。

愛知県芸術劇場のコンサートホールの座席の見え方をチェックして事前に準備したいところです。

ステージから離れてしまう3階でも見やすいのかも確認して、必要に応じて双眼鏡(オペラグラス)も準備したいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。